Live^(Football) Dallas Cowboys vs Seattle Seahawks Live Stream.. (NFL)Football.. Seahawks vs. Cow

Live^(Football) Dallas Cowboys vs Seattle Seahawks Live Stream.. (NFL)Football.. Seahawks vs. Cowboys live Streaming.. Free.. Week.. 8.. 2015.. : seahawks2015

https://www.reddit.com/3r4m8k/

https://www.reddit.com/3r4m8k/

https://www.reddit.com/3r4m8k/

boys live Streaming.. Free.. Week.. 8.. 2015.. : seahawks2015

浜田雅功が元KARAの知英の日本語に驚き「すごい」 - ライブドアニュース: 文面を見た司会のダウンタウン・浜田雅功は「すごいやん!」と感心し、勝俣州和「えー! マジ!?」や関根勤「すごいじゃない!」などゲストや観覧席からも驚きの声が上がった。知英は「(台本の)本当に難しい漢字はスタッフさんにふりがなを振ってもらって助けてもらってます」と明かし、プライベートでは日本のドラマを字幕なしで観るなど日本語の勉強に日々励んでいるという。

 

【5位 浅村栄斗 西武 対左投手打率.330】

シーズン通算打率は.270だったが、左投手に対しては無類の強さを発揮した。

 

 

【4位 秋山翔吾 西武 対左投手打率.3787】

右投手・左投手関係なく安定した成績を残し、それが216安打達成に繋がった。

 

 

【3位 柳田悠岐 ソフトバンク 対左投手打率.3790】

秋山同様、左投手・右投手関係なく安定した成績を残した。今季も秋山とのハイレベルな争いに期待がかかる。

 

 

【2位 李大浩 ソフトバンク 対左投手打率.400】

3年連続のシーズン通算打率3割は逃したが、左投手に対しては打率.400と圧倒的な強さを発揮した。

 

 

【1位 森友哉 西武 対左投手打率.425】

打率こそ惜しくも3割に届かなかったが、対左投手打率は.425と左投手を全く苦にしなかった。

 

 

 

【まとめ】

左打者が3人ランクインするという結果となった。特に1位の森は、対左投手打率.425と脅威の成績を誇った。

もはや、左打者は左投手が苦手とは言い切れないだろう。

 

 

 

【日本ハム 横尾俊建 内野手 ドラフト6位】

パワー溢れるバッティングが魅力、将来のクリーンアップ候補。オープン戦では打率.174と低迷していたが、開幕一軍入り。

3/25の開幕戦では代打で登場し、二塁ゴロに終わった。プロ初安打はおわずけとなった。

オープン戦成績  15試合 0本塁打 2打点 打率.174

 

 

【楽天 オコエ瑠偉 外野手 ドラフト1位】

走塁と守備に定評がある将来のスター選手候補。オープン戦では打率こそ.174だったが、勝負強さを見せ開幕一軍入り。

開幕戦では代走としていきなりプロ初出場を果たした。果たしてプロ初打席ではどんな打撃を見せてくれるであろうか。

オープン戦成績  13試合 0本塁打 4打点 1盗塁 打率.174

 

 

【楽天 茂木栄五郎 内野手 ドラフト3位】

広角に飛ばす技術を持ち合わせ、オープン戦では京セラドームのレストスタンド・ライトスタンドへ2打席連続本塁打を放った。

開幕戦は「6番・ショート」で球団史上初の新人野手開幕スタメンを果たした。4打数ノーヒットに終わったが、今後に期待。

楽天D3・茂木が2打席連発!球団初の新人野手開幕スタメン加速(3)

オープン戦成績  13試合 2本塁打 5打点 失策4 打率.212

 

 

【オリックス 吉田正尚 外野手 ドラフト1位】

フルスイングが持ち味のドラフト1位スラッガー。オープン戦では京セラドームの5階席まで運ぶ豪快な一発を放った。

開幕戦は「1番・指名打者」としてスタメン出場。5打数2安打といきなりマルチ安打を放った。

オープン戦成績  3試合 1本塁打 1打点 打率.308

 

 

 【オリックス 鈴木昴平 内野手 ドラフト6位】

堅実なグラブさばきとスローイングが持ち味の内野手。オープン戦では主に守備固めとして出場し、本職のショートでは無失策

レギュラーまでの道のりは険しいが、少ないチャンスで結果を出し、まずは出場機会を増やしたいところである。

オープン戦成績  12試合 10打数2安打 失策1 打率.200 

 

 

 

puroyakyuudeta.hatenablog.jp

 

puroyakyuudeta.hatenablog.jp

 

前提条件を理解せずにコンテンツを量産しても失敗します

『Web担(Web担当者Forum)』のエントリー「コンテンツSEOは単なる“コンテンツの量産”にあらず。お客さまのためのコンテンツマーケティングであるべし! | 生田昌弘の「Web担当者に喝!」 | Web担当者Forum」に、コンテンツ制作とはユーザーのニーズに対するソリューションコンテンツであり、すべてはお客さまの問題解決のためにあるものだということが書かれていました。

 

全くその通りだと私も思います。

 

お客様に最適化されたコンテンツでなければ、Webサイトで成果を出すことはできません。

 

ここでいう成果(目的)は、サイトやコンテンツごとにそれぞれ設定されているものではありますが、どんな成果を設定していたとしても、成果となる行動を起こしてくれるのはユーザーです。

 

そのユーザーが成果となる行動を起こしてくれるコンテンツ、それこそがお客さまに最適化されたコンテンツだと言えます。

 

このお客さまに最適化されたコンテンツについて語るとき、それを叶える方法論として必ず「コンテンツの量産」が語られます。

 

「毎日更新しよう」

「文字数を多くしよう(長文コンテンツにしよう)」

 

ITコンサルタントやWEB担当者、はたまた一般ブロガーでさえも、猫も杓子も誰もがこの2つの方法論を絶対な方法論として語ります。

 

更にこの2つの方法論は、SEOにも絡めて語られます。

 

「毎日更新すればクローラーが巡って来るのでSEOに強くなります」

「文字数が多い、長文を検索エンジンは評価するのでSEOに強くなります」

 

誰もが一度は(むしろ何度も)聞いたことがある方法論ではないでしょうか?

 

・・・残念ながら、これはちゃんとした正解ではありません。

前提条件を語らずに(理解せずに)コンテンツを量産しても意味がありません。

 

この方法論を言葉そのままに受け取ってしまうと手段が目的になってしまうため、失敗すると私は断言します。

 

あなたの成果(目的)は何ですか?

 あなたの成果(目的)は何ですか?

 

ただ毎日更新するだけではダメ

毎日更新をすれば、必然的にコンテンツの量は増えることになります。

 

また、毎日更新することは、更新頻度が高いサイトだと検索エンジンのクローラーが判断する要因にもなり、検索評価される頻度も増えるため、SEOに強いと語られがちです。

 

ですが、これは「前提条件」があってこそ正解となる方法です。


確かに毎日更新すればコンテンツの量は増えますが、そのコンテンツを読む、読んだ後に行動を起こしてくれる(評価する)のはユーザー(人)です。

 

「自分の知りたいこと、興味があること」がしっかり書かれたコンテンツと、情報量こそ多くあれど「自分の知りたいこと、興味があること」に付随した情報が少ないコンテンツ。

 

あなたはどちらを評価しますか?

 


また、SEOの観点から考えると以下のようなことも言えます。

 

前述のように毎日更新すれば、更新頻度が高いサイトだと検索エンジンのクローラーが判断するので検索評価される頻度も増えますが、ここで勘違いしないで欲しいのは「検索評価される頻度が増える(リクエスト回数が増える)」だけで、決して「コンテンツの価値が上がる」ということではないということです。

 

これは通常の検索エンジンの評価はもちろん、Fetch as Googleでも同じ論理、評価です。

 

【SEO】「Fetch as Google」はすぐにインデックスするものではなく、リクエスト送信をするだけのものです - 検索サポーター

 

更に言えば、サイトのコンテンツに関連性が薄いもの(いわゆる雑多ブログ)は、やはり検索評価(SEOの評価)も高くなりにくいです。

 

雑多ブログは専門家ではない素人だからこそ、最初こそはその発言が「価値がある」「興味深い」と思われますが、素人がずっと同じ論調で語り続けていても「ただ言いたいだけ」「門外漢が多くを語るな」と、次第に厳しく判断されることにもなります。

 

知名度の高い人が興味本位で語ったことと、知名度は低いけど専門家の目を通して語ったこと。

 

あなたはどちらの意見を信じますか(評価しますか)?

この評価基準は、検索エンジンも同じであるのです。

 

【ブログ運営】雑多なブログは稼げないし、SEOも弱いことをもう一度語る - 検索サポーター

 

あえて毎日更新することのメリットを語るなら、読者に「毎日新しいエントリーが上がっている」という期待感を与えることが出来ることでリピーター、常連になりやすいからだということが正解でしょう

 

(もちろん質の低い、内容のないコンテンツを毎日更新してもリピーターどころか、離れてしまう人が増えるだけですので、あしからず。)

 

【SEO】ブログを定期的に更新することがなぜ正解なのか - 検索サポーター

 

以上のような前提条件を理解した上で、自分なりのコンテンツの更新頻度を考えてみてください。

 

(最近、こうした前提条件すら語らないのはもちろん、根拠すら示さずに「沢山更新しなさい」と無責任に煽っているオウンドメディア、ブログがとても目につくもので・・・釘を刺す意味でも書いてみました。)

 

最近、いい加減なことを書いてるオウンドメディアが多いですよね。

最近、いい加減なことを書いてるオウンドメディアが多いですよね。

 

 

ただ詳しい情報(長文コンテンツ)ではダメ

長文を書けば、必然的にコンテンツの量は増えることになります。

 

文字数が多いのですから、それだけユーザーに伝える情報量も増えますし、検索評価される文脈(コンテキスト)も増えるため、SEOに強いのだと語られます。

 

ですが、これも「前提条件」があってこそ正解となる方法です。

 

確かに長文であればあるほど単純にコンテンツの量は増えますが、そのコンテンツを読む、読んだ後に行動を起こしてくれる(評価する)のはユーザー(人)です。

 

「自分の知りたいこと、興味があること」が端的に分かりやすく書かれたコンテンツと、情報量こそ多くあれど「自分の知りたいこと、興味があること」が探しにくい、分かりにくいコンテンツ。

 

あなたはどちらを評価しますか?

 

【ブログ運営】SEOでは長文が有効でも「過ぎたるは猶及ばざるが如し」なこともある - 検索サポーター

 


また、SEOの観点から考えると以下のようなことも言えます。

 

前述のように文字数が多いので、検索にて引っかかる確率も高くなりますし、検索評価される文脈(コンテキスト)も多いことで検索評価も高くなり、SEOに強いことは確かです。

 

ただ、ここで勘違いしないで欲しいのは「検索評価が高い(検索順位の上位に表示されやすい)」だけで、決して「そのコンテンツを読んでユーザーが次の行動を起こしてくれるか」は別問題だということです。

 

また、いくら長文といっても、全てが関連した文脈(コンテキスト)になるとも限りません。

 

むしろ長文であればあるほど関係のない情報まで含まれるリスクが増えるため、逆に検索キーワードにはマッチしないと評価され、検索順位が下落することもあります。

 

更に言えば、長文であればあるほど「ただの知識のひけらかし」になりがちであり、ユーザーを心地よく感じさせることから遠ざけるコンテンツになることもあります。

 

(人に伝えることと、自分が喋りたいことを話すこととは全く別の話ですからね。)


あなたの成果(目的)が「単純なPVの増加」というのであれば、何も考えずに長文のコンテンツにすることでも結構ですが、成果が違うのであれば(ユーザーを満足させる、商品の販売、サービスの申し込み・・・etc)、ユーザーがその行動を起こしてくれるための「適切なコンテンツ」を提供しないといけません。

 

ユーザーがこの商品を購入したい、サービスを申し込みたいと思っても、文章が長くて(コンテンツが分かりにくくて)どこからそれを行えばよいのか分からないとなると、やはりユーザーは離脱してしまいますからね。

 

【SEO】検索キーワードに頼らないSEO。コンテキストで集客を図ろう! - 検索サポーター

 

以上のような前提条件を理解した上で、自分の成果(目標)と合致するのはどのくらいの文章量が適切なのかをしっかり考えてコンテンツを作成してみてください。

 

このエントリーこそ長くない?っていうツッコミはなしで(笑)

このエントリーこそ長くない?っていうツッコミはなしで(笑)

 

 

SEOは手段であって目的ではない

当ブログでは何度も言っていることですが、「SEOは手段であって目的ではありません」。

 

今回のようにSEOはどうしても方法論ばかりが語られてしまい、前提条件や理由がおざなりになってしまう(言及されない)ことが多いものです。


コンテンツSEOとは「検索順位が上がるコンテンツを作成する」のではなく、「ユーザーが求める情報、コンテンツを作成する」ことであり、それは「お客さまに最適化されたコンテンツ」です。

 

そのようなコンテンツを提供するからこそ、よい検索評価を与えられる(検索上位に表示される)と考えると、方法論やSEOは納得しやすくなります。

 

さすれば意味のない方法論、小手先のSEOに惑わされることもなくなりますよ。

 

【SEO】SEOは方法論ばかりになりがち。本質はユーザーのニーズを満たすことです。 - 検索サポーター

 

 

オナ禁が8日目を越したところで、より効果を高めるためエロ禁を開始することに決定しました。

まず目標は10日間。

それでどれだけ変わったのか体験していきます。

 

筋トレも欠かさずやっていきます。

 

なんだか、最初の想定の小説執筆日記的なものはそうそう書けないみたいです。

土日がっつり書きたいタイプなので、平日は高速音読、ハウツー本読破、小説読破に割り当てられてしまいます。

 

今は、一応、気軽に書ける場所として

talkmaker.com

を見つけましたので、ちょっとそこで軽い物書きをしてみようかなと思います。

ここは小説に必須の地の文を入れる必要はなく、台詞だけで場面をまわして行くことができます。

地の文を考えるのが億劫で、キャラだけを動かしたいなら絶好の場所だと思います。

 

 

最近では、いきなり長編を書くのは無理臭くないかとテンションが下がってきた次第です。こんなんじゃいけない。何かしら書かないと。

 

AT&T Laptop Dock for Motorola ATRIX 4GというやつにRasPiを繋ぐとRasPiがノートPC化するというのを、昨年12月のJAMあたりですでに知っていたのですが、最近Techcranchでも取り上げられていてなかなかうらやましい限りです。しかしこれは終息品なので、在庫処分モノとかオークションモノを漁るしか購入手段が残っていなくて、まさかここにきてRaspberry Piユーザーから需要が湧くとはLaptop Dockも想像してなかったのでないかと思います(するはずもないわ)。
で、わたしはちょっと悪企みをして、Libretto50にRasPiを埋め込むとどうなるか試したくなったので、そのまま勢いでヤフオクからジャンクを拾ってしまいました。
あ、もう分解に着手した写真しか無いわ( ˘ਊ˘)それにしても「OLENO HAL9001」とかなかなか香ばしいですねえ。
f:id:Akkiesoft:20130604125240j:image:w450
中身を出し終えて、会社で遊ぶ用のRasPiを入れてみたところ。予想通り、コンポーネント端子がかさが高すぎてそのままでは無理っぽいので、少なくともコレは外さないとダメそうです。
f:id:Akkiesoft:20130604125506j:image:w450
ちなみに、これ2台セットだったので、もう一台もあるのですが、コレはなんか激しくぼろいので部品とりにしかならなさそうです。取れる部品があるかどうかも謎い。
しかも、9.5mm厚のHDDを取り付けるために廃リブラーの間で行われていた魔改造「裏切り」済みというアレ。ようやるわな。
f:id:Akkiesoft:20130604131303j:image:w450
まあ課題は山積みでして、これらが片付くまではRasPi改造には着手できないかなと思ってます。だってもったいないしね。

  • キーボードをどう出すか。キーコードはWebで見つけたのだけど、それをUSB接続するための仕組みを考える
  • ディスプレイも同様。配線ができるなら違うディスプレイにすげ替えるとか。車載用モニターだとRCA接続できるので検討の価値はあるかも
  • 電源周り
    • ディスプレイも含めた時に何かしら別の電源装置が必要なのでは
    • バッテリーは考慮してないけど、でも実装もしてみたい(?)

プロジェクト名はなんとなく適当にあわせて「Rasretto」としています。はい。
これむりなんじゃねーかなー(おい)

先日、付き合いの長い友人と一緒の時に「生活の緩みって身体の緩みにでるよねー、部屋見ると分かる」と、そんな話になり、私、内心ギクリとしてました。

ちょっと色々ありまして、いや実は何も無いけど、8月いっぱいグレてました。美容もヤル気無し、ジムも行く気しないし、ダイエットも放置。部屋も散らかり放題だし、自炊もやーめた、外食もめんどくさいので豆腐かグラノーラ、開けてすぐ食べられるものしか食べてませんでした〜。全然痩せなかったけど。笑

こういう状態の時って、自分の心が少し弱っているんだなー、って自覚はあります。なんか調子出ないし、毎日がかったるい。でも私、やる気が無い時に無理することはいたしません!こういう時は、暫く放置して自分の様子を見ます。やりたく無い時は何もしない。元々暗い人じゃないから、そのうち自然に動き出すだろう、と。

そうこうしてると、9月に入っていきなり涼しくなり、このダウナー状態も飽きてきました。で、季節の変わり目を肌で感じた瞬間、掃除しよ!と突然思い立ち、昨日は季節はずれの大掃除をしました。

とりあえず、ひとつ回復だな。別段、几帳面でも潔癖症でも無いですけど、普通レベルに綺麗な家に住んでいたいです。汚い部屋やだなー、って思いながら暮らすのやだし。

身だしなみも元に戻さないとね、と、ようやくそんな気分になってきました。ネイルもヘアトリートメントも放置したので、私、今、全体的にパサパサです。笑

身だしなみや部屋の乱れって、ホント自分の心の鏡ですよねー。そう考えると全ての事がそうな気がしてきたぞ。食べるものも、周りにいる人も。自分がパワーダウンしてる時は珍事を引き寄せてしまうので注意が必要です。弱り目に祟り目です。

やる気がしない時に無理する必要は全く無いけど、長引きそうな時は自分でストップさせないといけませんな。その目安を1ヶ月ぐらいに考えてます。

キレイに片付けたお部屋。スッキリ!
f:id:azuki_goldberg:20170903144731j:image

夏の

2018/01/27

日差しの中を抜けて渋谷へ病院へ。例によってというと何ですが減薬増薬双方なしのDOです。外気温と、車両や室内の温度差が相当に厳しい。中華料理をもちゃりおもちゃりと食べ、なんだか頭が痛いなぁ、と思いつつ電車に乗り気付けばオダワラ。久々に寝過ごしてしまいましたよ。夏の揺らいだ大気の中、海岸筋の景色とか眺めながら戻るのも、まぁ悪くない感じで。

何かの本だったかで、中尾ミエさんがこんな話をしていました。

 

「森山良子は『良子ちゃんかわいいかわいい』と言って育てられ、あんなにかわいくて素直な性格になった。

私なんかはそうじゃなかったから反骨精神が旺盛でする必要のない苦労をしてきた。」

 

セルフイメージの作られ方

親や周りから幼い頃言われたことってある意味洗脳や催眠のように効いてきます。

セルフイメージがまだしっかりないため、言われた言葉はそのまま間に受けてしまいます。

 

「かわいい」「素直だ」と周囲から言われれば

「自分はかわいくて素直な子なんだ」

という考えを持ち、振る舞いも自ずとそうなるものです。

 

「算数がよくできるね」

と言われるとなんだかそんな気になり勉強に向かう姿勢も積極的になります。

 

私は親戚から「口は立つけど可愛げがない」と言われ、どちらかというと中尾ミエさんのような育てられ方をしました。

結果、その特徴は極端になり、その言葉通りの人間になりました。

自分では自分の性格が嫌いでないのでいいですが、この性格のために人との衝突が多くて苦労もしました。

 

苦労はしない方がいい

よく苦労は買ってでもしろと言うのですが、私は反対です。

わざわざつらい思いをして、世の中や人の醜いところを見て生きる必要はないと思います。

 

世界は美しいものだ、人は優しくて助けてくれるものだ、と思いながら生きられたらどんなに幸せでしょう。

そして、そう思いながら生きている人は実際それに見合った人生になると思うのです。

 

我が子の育て方は…

中尾ミエさんもとても魅力的な方ですが、上のような考えから、我が子は森山良子さんのように「かわいいかわいい」と言ってできるだけ肯定的な表現で育てようと思います。

 

わざわざ子供に押し付けるように

「こんな性格だね」

「あれこれがよくできるね」

と言ってその人生を操作するのではないですが、我が子の長所を見つけたらどんどん言ってあげるつもりです。