フィードバック制御とは、フィードバックにより出力の値を目標の出力に一致させるように修正を行う制御のことである。


この回路は、素子C(コンデンサ、いわゆる絶縁体)にかける電圧をフィードバックする回路である。 電圧FB.png素子Cにかかる電圧は、式で表したら、E ( 1 - 自然対数の底 ^ - ( t / R / C ) )になる。t = ∞の時、コンデンサにかかる電圧は電源Eと同じになり、その絶縁体にかかる電圧を本来の電圧に戻したことになる。


この回路は、素子L(コイル、いわゆる導線)に流す電流をフィードバックする回路である。 電流FB.png素子Lに流れる電流は、式で表したらE ( 1 - 自然対数の底 ^ - ( R t / L ) ) / Rになる。t = ∞の時、コイルに流れる電流はそのコイルが無い時と同じになり、その導線に流れる電流を本来の電流に戻したことになる。