いつもは割と固めなテーマについて書くことが多いですが、

今日は休日にぼんやりしながら考えたことをつらつらと書いてみます。

 

まだ少し先ですが、もうすぐ自分の誕生日が来ます。

※20代後半をひた走っており、30へのカウントダウンが始まっております。。。

 

このソーシャル時代においては、Facebookなどを見ていると

やたら誕生日パーティーの写真が見受けられます。

 

これに関してはまあみんな楽しそうだからいいんですが、

誕生日ってそもそも誰のための日なんでしょうか。

 

•生まれた本人

•本人の周りにいる友人、恋人

などなど

 

 

最近自分も少しは大人になってきたせいなのかわかりませんが、

誕生日に祝って欲しい願望みたいなのが薄れてきました。

※もちろん祝ってもらうのは大歓迎です

 

むしろ、誕生日にかこつけて(?)普段お世話になっている人に

感謝を伝える絶好のチャンスではないでしょうか。

今日ふとそんな風に思いました。

 

 

むしろ、自分が生まれた日に一番苦労したのって自分の

母親ですよね。

 

自分は男に生まれたので一生経験することはないですが、

「鼻からスイカが出てくる痛み」とか聞いたことがあります。

そこまでして生んでいただいた母親に感謝を伝える日に

出来たらなと。

 

 

 

思えば、子供の頃には毎年自分の誕生日にプレゼント

ねだってたなと思うんですが、今思うとやってることが

当たり屋と大差ない気がします(笑)

自分が生まれた日っていうだけでなんか買ってくれ、みたいな。

子供のころなので両親も微笑ましく思っていたと信じていますが、

もうこれからは口が裂けても言えないですね。

 

 

1年に1回母の日ってのがありますが、僕は自分の

誕生日も母の日にしてみようかなと思います。

 

 

大学入学を機に上京して、在学中に勝手に海外をふらふらして

心配をかけ(笑)、就職も東京でしたので、

実家にはたまに帰るぐらいで、特に働き始めてからは

全然帰れておりません。

 

普段会えないからこそ、自分の誕生日ぐらいは、

というかそこにかこつけて、プレゼントと一緒に

メッセージカードでも添えて感謝の気持ちを

伝えられたらと思います。

 

何買おうか迷ってますが、たぶんこれかな。。。

 

 

 

 

 自分の収入考えるとこれぐらいが妥当ラインでした(笑)

 

 

 

しかし、誕生日に自分の母親に感謝するの

流行らないかなと思ってるんですがどうでしょうか。。。

 

そしたらFacebook見るたびに心温まると思うんですよね。

ごく浅いFacebook上だけでつながってる人が、ケーキ食いながら

誕生日Yeah!!とかやって騒いでる写真見ても何とも思わないですからね(笑)

 

 

このさびれたソーシャル時代を少しでもほっこりさせるために、

自分の誕生日は母親に感謝する日にしましょう。

 

流行らなくてもいいのでまずは一人でやります。