私は制作プロダクションの雇われイラストレーター社員です。
詳しいことは、

(その1)

(その2)

をお読みください。


ここまで読んでくださった方に、忠告したいことがあります。


私も、リクエスト可能にしてますので

絵の仕事につきたい人の相談には乗ります。


(私は、平日の夜10時までには帰宅してます。

土日は基本、休みですが、たまに土曜日出社してます。)


しかし…


基本的に、絵の評価や、就職相談というのは、
ネットで質問するのではなく、現実で、プロの人に会って
やるようにしてください。


なんでかというと、
ネットでは、『絵の仕事を目指したものの、
全然、絵の仕事に就けなかった人たちが、
なぜか、大手を振って、質問者(特に若い人達)を威圧するような
悪質な回答や、間違った解答をしているから』です。


私も、5~6年前、

あまり絵の仕事を沢山いただいてなかった頃、

知恵袋の絵カテでそれをやられました。


今も、それを続けている悪質利用者が、知恵袋にいます。

彼等は若くなく、
趣味で絵や同人誌を続けている(いた)程度の

中年男性、中年女性らのようです。


この中年のオジサン、オバサン達は、

自分が絵関係の仕事に就けなかったことについて、不満に思っています。


このオジサンオバサンの中には、それに無自覚の状態で、

年下の若い人たちに八つ当たりしてるのも混じっています。


はっきり言って…


プロとして仕事経験してない人が、
若い人たちの絵関係の進路相談に回答してること自体、
おかしいとしか言えません。

しかも偉そうに、説教回答してるというのが、痛すぎます。


絵やマンガを趣味でやってる人たちにしてみれば、

本人達は、がんばってるつもりでしょうが、
『毎日出勤して、毎日、先輩に指導を受けながら、
絵の仕事を実際にやっているイラストレーター社員』と、
『趣味で絵や同人誌を作ってる人達』とでは、
全然、鍛えられ方が違うのです。


詳しいことは、

【現役のプロのイラストレーターと、素人絵師の違い】

というノートで述べました。



結局、私が何を言いたいかというと…


進路相談は、ネットではなく、現実世界で、
ちゃんとイラストレーターや漫画家、アニメーターとして
実績があり、名刺を相手に堂々を手渡せるような人とだけ、
対話し、相談してほしい、ということなのです。


これは重要なので、お願いします!


※イラストレーターになりたい人の相談を、リクエストで受け付けます。

本当は、ネットじゃなくて、顔が見れる現実で、

絵の仕事のプロの人を見つけて相談してほしいのですが…

ちなみに、私は平日朝から夜まで出社してて、帰宅が夜9~10時になります。

しんどいときは、回答が土日になります。