↓の続きになります。 southeast-asia-de-diving.hatenablog.com

入国審査を終え、荷物を受け取り空港の外へ出ます。 f:id:kaigai-life:20170910121513j:plain

セブ・マクタン国際空港の荷物受け取り場

黄色と白色のタクシー

セブ島からバリガサク島へ行くためには、ボホール島行の高速フェリーに乗る必要があります。 高速フェリー乗り場はセブ島にあり、バスなどを乗り継いでも行けるのですが、今回は時間節約のためタクシーで移動を利用しました。

高速フェリー乗り場

空港のタクシー乗り場へ行くと、そこには黄色と白色のタクシーがたくさん停車していました(;・∀・)<ナニコレ 10年目前にセブ島へ来た時はそもそもタクシー乗り場がこんなところにはなかったような気がしますし、まして色違いのタクシーなんて記憶にありません・・・。

黄色のタクシーを待っている人は誰もいません。一方、白色のタクシーの方はひどい行列です。 黄色のタクシーの方にはドアマンが居たので、黄色と白色で何が違うか尋ねてみました。

  • 黄色タクシー:エアーポートタクシー
  • 白色タクシー:普通のタクシー

どちもメーターを倒してくれますが、素性がしっかりしている黄色タクシーの方が割高のようです。

※帰国後、ネットで調べたところ、黄色タクシーと白色タクシーの違いは下記サイトに細かく書いてありました。 www.wbf.co.jp

今回管理人は、行列に並ぶことが嫌だった(時間を無駄に費やしたくなかった)ので、黄色のタクシーを利用しました(;´∀`)<ハヤイ

高速フェリー乗り場までの道中、運転手の感じも良く気持ち良くタクシーを利用できました。 気になるタクシー料金ですが、空港から高速フェリー乗り場までは、チップを入れて500ペソ(約1000円)でした。

タイのタクシーと比較すると多少高いかな?と思うのですが、たぶんこの高いと思う部分が黄色タクシーのプレミア料金なんだと思います。

Super Cat (スーパーキャット)

ボホール島へ行くフェリー運航会社はいくつかあるのですが、今回はSuper Catを利用しました。 チケット売り場はPier1の目の前にあります。

f:id:kaigai-life:20170910125538j:plain f:id:kaigai-life:20170910125548j:plain

写真を見てわかる通り、ボホール島(タグビララン)行の高速フェリーはおおよそ1時間間隔で運行しています。 料金はツーリストクラスとビジネスクラスで分かれており、ちょうど2倍の価格差があります。

  • ツーリストクラス:500ペソ(約1000円)
  • ビジネスクラス:1000ペソ(約2000円)

折角なのでビジネスクラスにしてみました( ̄▽ ̄) f:id:kaigai-life:20170910130016j:plain

フェーリー乗り場はチケット売り場すぐ近くの建物にあります。 この建物で荷物のチェックインをしたり、ターミナルフィー(25ペソ≒50円)を支払います。

f:id:kaigai-life:20170910130522j:plain

Peer1フェリーターミナル


f:id:kaigai-life:20170910130536j:plain

ターミナルフィー支払所


f:id:kaigai-life:20170910130627j:plain

建物内は意外と広い


管理人が購入したチケットのフェリーが出発するまで時間があったので、 遅めの朝食を取りました。

f:id:kaigai-life:20170910130854j:plain

建物内に売っていたシュウマイ(上海味)&ご飯です。48ペソ(約100円)という値段の割には激ウマでした( *´艸`)。 しばらくすると搭乗案内のアナウンスが建物内に流れたので、搭乗口へ移動して高速フェリーに乗り込みました。

エコノミークラスは1階、ビジネスクラスは2階になります。 結局ビジネスクラスは管理人達しかいませんでした。

  • エアコンがしっかり効いている
  • 柔らかくて広めの座席
  • ビジネスクラス専用のトイレを設置

これらが管理人が気づいたビジネスクラスの特典です。賛否分かれそうな特典ですが、

まぁ+1000円ならこっち(ビジネスクラス)の方が良いかな?

というのが管理人の感想です(´・ω・`)<イインデナイ

そんなこんなで、いざボホール島へ向けて出発!! f:id:kaigai-life:20170910132545j:plain